MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】王者・川崎の前にキングス完敗

【試合レポート】王者・川崎の前にキングス完敗

 リーグNo.1の勝率を誇る川崎に対し、新潟戦で変化をみせはじめたキングスのバスケットが、どれだけ通用することできるのかポイントとなった。

 新潟戦で活躍をみせた田代がスタメン出場を果たす。試合は、その田代がシュートファウルから得たフリースローを成功させ、キングスが先制。川崎のオフェンスに対し、コート上のメンバーが足を動かし続け、シュート回数を最小限にとどめる。しかし、同じく川崎もキングスのオフェンスに対し、イージーなシュートを打たせず、リズムを取らせないゲームを展開。またキングスのスキを見逃さず、次々にスティールを成功させ、徐々に点差を広げる。

 後半に入ると、前半とかわりアップテンポなゲームが展開。川崎は、ディフェンスリバウンドらのオフェンスを確実に得点に結び付け、攻守で主導権を握る。一方のキングスは、田代、山内のミドルジャンパー、マクヘンリーのアタックで食らいつくものの、流れを呼び込むまでには至らなかった。点差が離れていく中、渡辺が果敢にリバウンド争いに絡み、岸本は4Qだけで3Pシュート2本を含む10得点をマークするなど、最後まで意地をみせたものの、反撃には残り時間が足りず、川崎に55対79で敗戦となった。

 ディフェンスで耐え忍ぶ時間帯もあったものの、オフェンスでリズムを崩したところを川崎にペースを握られてしまいました。試合終了のブザーが鳴るまで、攻め続けた事は、これまでのキングスから「成長」した姿だと思います。 富山戦での敗戦後から自分たちの殻を破りつつあるだけに、明日の試合で変化をみせることができるか、キングスの1つ1つのプレーに注目です。

 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 16  6 17 16 55
川崎ブレイブサンダース 19 15 21 24 79

 

#14 岸本 10PTS 
#34 ハミルトン 10PTS 7RBD 2BS
#16 渡辺 7RBD

 

__.jpeg

__11.jpeg

1486190715999-84412f3e897ea86824f86195-147508-original.jpeg

_____.jpeg