MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】キングス2位浮上!岸本が両チーム最多の22得点をあげ勝利に導く

【試合レポート】キングス2位浮上!岸本が両チーム最多の22得点をあげ勝利に導く

 昨日の試合結果により西地区の2位争いがさらに激化。同率で並ぶ名古屋から勝利しないことには、その先へ進めないため、今日の試合は絶対に勝たなければいけない戦いとなった。
 開始からキングスはアグレッシブなディフェンスを仕掛け、24秒バイオレーションやパスミスなど、名古屋のミスを誘発。さらに大宮がリバウンドに積極的に絡み、途中出場の山内が流れを呼び込むスティールを成功させる。この日もスタメン出場の津山が躊躇することなくシュートを放ち、ベテランの金城は要所のシュートだけではなく数字に表れないプレーを随所にみせ、選手それぞれが持ち味を発揮する。その中でも岸本の強気な姿勢がチームに勢いを与えた。5点差に詰められ迎えた最終Q、2本連続となる3Pシュートを決め、続けてドライブからのフローターシュートを成功させるなど、4Qだけで10得点を挙げた。試合を通して両チーム最多となる22得点をあげ、名古屋との大事な2戦を勝利へ導いた。本日の試合結果により、キングスは西地区2位へ浮上。チャンピオンシップ出場へ大きく前進することができた。


 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 15 24 21 23 83
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ   8 21 26 14 69


#14 岸本 22PTS 7RBD 
# 5  マクヘンリー 14PTS 9RBD 2BS
#34  ハミルトン 13PTS 7RBD 6AST


___2.JPG

___.JPG

__3.jpeg

___________.JPG

_____2.JPG

___.jpeg

___.jpeg

IMG_0214.JPG