MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【見どころ】富山グラウジーズとのプレシーズンゲーム

【見どころ】富山グラウジーズとのプレシーズンゲーム

topimg_20170817.jpg

 いよいよ新生キングス初戦!その相手は中地区所属の富山グラウジーズ。昨シーズン中盤までなかなか勝利することはできなかったものの、#45 ピットマンが加入した後半戦からは内外のバランスが取れ安定した試合を続け、B1残留を決めました。大黒柱のピットマン選手をはじめ外国人全選手が今期も継続したことで、チームケミストリーは昨シーズンを上回ると云えます。大きく変わったキングスにとっては、総合的なチームバスケットを展開されると苦戦を強いられることが予想されます。

 また富山には注目と同時に警戒すべき選手がいます。富山の司令塔にしてエースとして存在感を発揮する#11 宇都直輝。昨シーズン富山に加入すると、ポイントガードとしてゲームメイクを務めることに加え、ディフェンスをあっさり抜き去るペネントレイト、191cmの身長を生かしたポストプレーで得点面でもチームを牽引。Bリーグ初のトリプルダブル(得点、リバウンド、アシストそれぞれ2桁をマーク)を達成するなど、リーグを代表する選手。対戦相手ながら、宇都選手のプレーは一見の価値があります。もう1人の注目選手は、昨シーズン特別指定選手として大学屈指の名門・筑波大学から加入した#81 小原翼。198cm/97kgと外国人選手に引けを取らない体格で富山のインサイドを支える重要な選手。決して派手なプレーヤーではないが、献身的かつガッツ溢れるプレーでチームを鼓舞するムードメーカー。富山に勢いを与えないためにも、小原選手に思うようなプレーをさせないことが重要です。

 最後に今シーズンからミオドラグ・ライコビッチ氏をヘッドコーチに迎え、Bリーグ初代チャンピオンの栃木ブレックスからは#15 青木ブレイクをレンタル移籍で獲得、天皇杯優勝を果たした千葉ジェッツからは沖縄出身の#22 上江田勇樹が新たに富山へ加入しました。若い選手の勢いとベテラン選手の落ち着きがあった富山へ、大舞台での経験を持つ選手が加わったことで、今シーズンはより一層爆発力を増したクラブへ変貌を遂げるといっても過言ではありません。同じく、新しく生まれ変わろうとしているキングスにとって、初陣で戦うには申し分ない相手です。富山グラウジーズとのプレシーズンゲームは、佐々HCのもと新しいバスケットスタイルを貫くキングスと、富山の注目選手のプレーを会場でお楽しみください。

<試合情報>
VS富山グラウジーズ
会場:沖縄市体育館

8月26日(土) 19:00試合開始
     27日(日) 18:00試合開始
ご来場の際は、イオンモール沖縄ライカム・コザミュージックタウンと会場を結ぶ無料シャトルバスをご利用ください。
チケットのご購入はこちらから。https://goldenkings.jp/ticket/buy-a-ticket.html

#11 宇都直輝
1485095589887-09600ae6bb0c2c9ddf9079da-137637-original.jpeg

#81 小原翼
__.jpg

#45 デクスター・ピットマン
1485095588840-6c20ced959e1aa53712b465a-137620-original.jpeg