MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】序盤の点差に苦しみ京都に敗戦

【試合レポート】序盤の点差に苦しみ京都に敗戦

____.JPG

  前日の試合、終盤で抜け出したキングスが京都に勝利することができた。しかし過去の戦いを振り返ってみても、連戦での修正力が高い京都に対してはさらなる警戒が必要となった。
 開始直後はアイラのバスケットカウントでキングスが先制点を挙げる。しかし序盤でチームファウルが重なり苦しい展開が強いられる中、京都に4本の3P、インサイドで#34スミスに得点を許し、10-25と 1Qで主導権を握られてしまう。追いかける立場となったキングスは、須田と岸本の3P、ハッサンのインサイドで奮闘する。後半に入っても田代がドライブからの得点やリバウンドに絡む活躍をみせ反撃を試みるも、一度掴んだ流れを渡すまいと京都もすぐに得点を入れ返し、両チームの点差は大きく変わらない時間が続く。試合終了のブザーまで攻め続けたものの、67対87で京都に敗戦。

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 10 20 20 17 67
京都ハンナリーズ 25 18 23 21 87


#12 ハッサン 17PTS 5RBD 
#14 岸本 13PTS 
#11 須田 11PTS 
#24 田代 10PTS 
#30 ヒルトン 9RBD 2AST 2STL
#0   石崎 4AST

__.JPG
__.JPG
__.JPG
__.JPG