MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】千葉の猛攻を止めきれず、キングス敗戦

【試合レポート】千葉の猛攻を止めきれず、キングス敗戦

 

 劇的な勝利をおさめた名古屋戦から3日後で迎えた本日の試合。東地区3位ながら、オールジャパンで初優勝を果たした千葉ジェッツとの対戦は、1つのミスで点数が大きく動く展開となった。

 開始5分間は、キングスと千葉、互いに3Pシュートをはじめ点数を入れ合う。しかし、千葉の絶対的司令塔#2富樫が巧みなボールハンドリングからみせるドリブル、パスでキングスディフェンスをかき乱し、ゲームの主導権は千葉へ。攻守の切り替えを早める千葉に対し、防戦一方のキングスは、オフェンスで消極的になりミスが立て続けに生じる。2Q開始には4分間ノーゴールともがき苦しみながらも、喜多川、津山の3Pシュートで踏ん張りをみせる。

 後半に入っても千葉は攻撃の手を緩めず、速攻からの得点でリードを30点まで広げる。負の連鎖を断ち切りたいキングスは、マクヘンリーのバスケットカウントプレー、好ディフェンスから田代の速攻で繋ぐ。最終Qに入ると、これまで消極的だったプレーから一変し、本来の積極性を取り戻す。岸本を中心に、ウイングを走る津山が2本の3Pシュート、田代は相手のファウルを誘い5本のフリースローを獲得するなど、最後まで攻めることをやめなかった。しかし、序盤の点差が大きく響き、追いつくまでに至らず71対89で敗戦となった。
 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 13 18 14 26 71
千葉ジェッツ 25 19 25 20 89


#31 喜多川 13PTS
#13 津山 11PTS
# 5  マクヘンリー 11PTS 9RBD 3AST 2STL
#14 岸本 10PTS 2AST 2STL
#34 ハミルトン 10PTS 6RBD 5AST
 

___2.JPG

__2.JPG

__.JPG

___.JPG

_______2.JPG

___.JPG

__.JPG