MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.23

Kings Wednesday News (KWN) Vol.23

 毎週キングス情報だけに限らず他クラブ、バスケットボール界の動向についてもお知らせする「Kings Wednesday News」の第23回目は、来月ホームで対戦する2クラブについてご紹介します。

 

<中地区 2119: 富山グラウジーズ>

 今シーズンから富山に新加入の#34ジョシュア・スミス選手が208cm,138kgの圧倒的な体格でゴール下を支配し、セカンドチャンスとなるリバウンドを獲得し「大黒柱」として活躍。またゲームの流れを左右するフリースローを獲得する機会も多いため、富山と対戦する際は、ファウルトラブルに陥らず、インサイドを守りきることがポイントと言えます。

 過去2シーズンの直接対戦では、1勝3敗とキングスが負け越しています。また今季のキングスは重量級センターを擁するクラブの攻略に手を焼いているだけに、キングスにとって今後に向けて自信つける為にも2連勝を狙いところです。

 

3月  9日(土) 13:05
3月10日(日) 14:05
@沖縄市体育館

 

 

<西地区 1030: ライジングゼファー福岡 >

 福岡とはホームでの対戦に加え、アウェイでの戦いも行われます。怪我で戦列を離れていた#34デクスター・ピットマン選手が復帰し、さらに#23マーカス・ブレイクリー選手が新加入し、チーム再建を図っています。ここまで10勝となかなか勝ちきれていない印象がある福岡ですが、B3から最短でB1の舞台に勝ち進んだチームの底力と、残留プレーオフ回避に向けて捨て身の覚悟で臨んでくるはずです。並々ならぬ決意で挑む福岡との対戦を4試合残しているだけに、ホーム2連戦は気を緩めることなく、1試合ずつ集中して挑まなければなりません。

 

3月16日(土) 18:05
3月17日(日) 14:05
@宜野湾市立体育館

 

3月30日(土) 18:05
3月31日(日) 14:05
@照葉積水ハウスアリーナ