MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.25

Kings Wednesday News (KWN) Vol.25

 毎週キングス情報だけに限らず他クラブ、バスケットボール界の動向についてもお知らせする「Kings Wednesday News」の第25回目は、リーグ戦が再開した先週末の試合についてご紹介します。

 

<京都ハンナリーズ Vs. 大阪エヴェッサ >

 

 京都のホームゲームとして三重県で開催された大阪との戦いは1勝1敗の結果でした。第1戦目は、大阪がリバウンド数で京都を9つ上回りセカンドチャンスから得点を重ね2点差で勝利。第2戦は、京都のディフェンスが大阪の得点を封じ込めることに成功し、京都が前日の雪辱を果たしました。

 この結果、西地区首位とキングスと2位の京都とのゲーム差は「3」のままで変わらず、CS出場権争いはこの先も続きます。京都との直接対決は3試合残っており、しかも3試合とも沖縄で行われることはキングスにとってアドバンテージであり、この3試合次第でキングスのCS進出の最後の鍵を握る、注目かつ見逃せない戦いです。

 また、キングスと大阪との対戦は、アウェイで残り2試合行われます。「伝統の一戦」と銘打った注目の戦い、アウェイ会場ながら関西圏のキングスファンが訪れることが予想され、その声援を後押しに戦います。

 

【Vs.京都ハンナリーズ】

3月27日(水) 20:05
4月  6日(土) 18:05
4月  7日(日) 13:05
@沖縄市体育館

 

【Vs.大阪エヴェッサ】

4月13日(土) 18:05
4月14日(日) 14:05
@おおきにアリーナ舞洲


 

<ライジングゼファー福岡 Vs.川崎ブレイブサンダース >

 

 残留プレーオフ回避に向け全力で戦う福岡と、中地区2位の川崎との戦いは、まさに「死闘」が繰り広げられました。

 福岡は、滋賀から途中加入した#23マーカス・ブレイクリー選手が37得点11リバウンド12アシストのトリプルダブルの活躍で川崎を苦しめました。対する川崎は、エース#22ニック・ファジーカス選手の34点を含め4選手が20点以上をマークし、延長戦まで続いた死闘を勝利で終えました。続く第2戦も前日の勢いに乗る川崎が福岡の追い上げを振り切り連勝。

 キングスと福岡は、今週末の16日(土)と17日(日)に今季唯一の宜野湾開催で対戦します。新エースとして台頭してきた#23ブレイクリー選手のオフェンスを、チームでいかに抑えることができるかが勝敗を分けるポイントです。

 

【Vs.ライジングゼファー福岡】

3月16日(土) 18:05
3月17日(日) 14:05
@宜野湾市立体育館

 

3月30日(土) 18:05
3月31日(日) 14:05
@照葉積水ハウスアリーナ