MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.29

Kings Wednesday News (KWN) Vol.29

 毎週キングス情報だけに限らず他クラブ、バスケットボール界の動向についてもお知らせする「Kings Wednesday News」の第29回目は、CS出場順位をかけた各地区の状況についてご紹介します。


 

自地区1位 (4月9日時点) 

三地区間1位:千葉ジェッツ

三地区間2位:新潟アルビレックスBB

三地区間3位:琉球ゴールデンキングス

 

自地区2位

三地区間1位:栃木ブレックス

三地区間2位:川崎ブレイブサンダース

三地区間3位:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

 

ワイルドカード

上位:アルバルク東京

下位:京都ハンナリーズ



 

<西地区>

 名古屋と京都の熾烈な順位争いが続いています。京都は名古屋との直接対決は3勝3敗のイーブンでありながら得失点差で2点京都が上回っており、京都と名古屋の勝率が同率になった場合、京都がアドバンテージを持ってます。京都と名古屋の CS出場を賭けた戦いは、シーズン最終戦まで見逃せません。

 

 

<東地区>

 Bリーグ1位の勝率を誇る千葉が地区優勝までのマジックナンバーを3とし、シーズン終盤まで白熱した勝負を続けています。その千葉を3ゲーム差で追う2位栃木、そしてその次に3位東京が上位を狙う状況にあり、東地区はシーズン終盤まで激戦続きです。今週末は千葉と東京が対決を行われるため、この試合結果次第では千葉の地区優勝が決まる可能性があります。逆に3位東京は、2位浮上へ一戦も落とせない厳しい状況の中での首位との真っ向勝負は、見逃せないカードです。

 

 

<中地区>


 首位・新潟に地区優勝のマジックナンバー3が点灯し、今週末には2位・川崎との直接対決が行われます。現在新潟と3ゲーム差の川崎にとって、この直接対決で2連勝することが逆転で首位へ立つことへの絶対条件です。

 また三河と富山は、ワイルドカードでのCS出場の期待があるだけに、この2クラブの戦いにも注目が集まります。三河は、逆転で首位を目指す川崎との対戦を残りしているだけに、ワイルドカード最後の枠は、シーズン最終戦までもつれる厳しい試合が予想されます。