MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.31

Kings Wednesday News (KWN) Vol.31

 毎週キングス情報だけに限らず他クラブ、バスケットボール界の動向についてもお知らせする「Kings Wednesday News」の第31回目は、今週末から始まるCS注目の戦いについてご紹介します。



 

自地区1位  

三地区間1位:千葉ジェッツ

三地区間2位:新潟アルビレックスBB

三地区間3位:琉球ゴールデンキングス

 

自地区2位

三地区間1位:栃木ブレックス

三地区間2位:川崎ブレイブサンダース

三地区間3位:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

 

ワイルドカード

上位:アルバルク東京

下位:富山グラウジーズ



 

<千葉ジェッツ VS. 富山グラウジーズ>

 リーグ最多勝利数の52勝を挙げた千葉の本拠地へ乗り込むワイルドカード下位の枠を、富山が公式戦最終となる60試合目で手に入れました。チャレンジャーに徹して戦いに臨む富山は、リーグ戦の戦績で群を抜いている千葉に臆することなく戦えることでしょう。
 




 

<新潟アルビレックスBB Vs. アルバルク東京>

 新潟は中地区を制し初の地区優勝を収めホームに東京を迎えます。新潟には、ポストシーズンの戦い方を熟知したベテラン選手が主力として活躍しているだけに、試合巧者となれるか注目です。

 一方の東京は、昨シーズンの王者として再びCSヘ臨みます。昨シーズンの優勝経験者が多く在籍していることもあり、選手層の厚みを武器に今年もCSに勝ち進むことができるのか注目です。





 

<琉球ゴールデンキングス Vs. 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ>

 昨シーズンに続き、キングスVs.名古屋の2年連続の顔合わせとなりました。今シーズンは西地区のライバルとしてしのぎを削り、熱戦を繰り広げてきました。レギュラーシーズンの対戦成績だけでキングスが優位に立てる保証があるということは決して無ありません。1点でも少なく相手を抑え込めるか、1点でも多く相手より上回ることができるか、その為にチームのゲーム遂行力を高められるかが勝敗を分けるポイントです。
 




 

<栃木ブレックス Vs. 川崎ブレイブサンダース>

 2年振りにホームでCSを戦える栃木にとっては、ホーム開催が何より大きなアドバンテージになる筈です。リーグ屈指の声援で栃木の選手たちを鼓舞し、相手を威圧するほどのプレッシャーを与え、まさにコート上の6番目の選手と言っても過言ではありません。

 その栃木に乗り込む川崎は、並々ならぬ思いを秘めているはずです。Bリーグ初年度ファイナルの再来であり、目の前で歓喜する栃木の姿は今も苦い思い出として残っているはずです。リベンジに燃える川崎の戦いに注目しましょう。