MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.35

Kings Wednesday News (KWN) Vol.35

 昨シーズンから始まりました「Kings Wednesday News」を今シーズンも毎週お届けして参ります。キングスのクラブ情報だけに限らずバスケットボール界の動向についてもお伝えしていきます。 
 今週の「Kings Wednesday News」は、Bリーグで今オフ、キングス以外で大きく動きのあった3クラブについてご紹介します。
 

シーホース三河

 今オフ、三河が選手移籍の話題の中心となりました。2シーズン連続Bリーグ得点王、新潟アルビレックスBBのエース#54ダバンテ・ガードナー選手を獲得、さらに日本人スコアラーとして横浜ビー・コルセアーズの中心選手だった#1川村卓也選手を獲得しました。三河の絶対的エース#14金丸晃輔選手に得点力がある選手が加わり、三河はリーグ屈指の破壊力を手に入れました。特にガードナー選手は、圧倒的なパワーと優れた得点力が魅力で今オフの移籍選手の中で最も動向が注目されていた選手です。「エース」と呼ばれる選手が3名(金丸選手、ガードナー選手、川村選手)同時にコートに立ち、さらには昨シーズンの新人王に輝いた#2岡田侑大選手がコートを縦横無尽に駆け回り、全てのポジションから得点を生み出す三河を止めることは、容易ではありません。対戦するクラブは、ディフェンス力が試されます。オフシーズンの動きから三河が今シーズン中地区だけではなくリーグ全体の勢力図を変えるキークラブかも知れません。


#54 ダバンテ・ガードナー


#1 川村卓也

 

大阪エヴェッサ

「伝統の一戦」としてキングスとこれまで名勝負を繰り広げてきた大阪は、今オフに大きく動き出しました。新GMを迎え、新HC就任、そしてロスターも大幅に変えています。京都ハンナリーズでプロ2年目ながら堂々としたプレーでチームを牽引したポイントガードの#2伊藤達哉選手を契約しました。また、帰化選手としてその役割を務めた#33アイラ・ブラウン選手を沖縄から獲得しました。アシストパスで味方を生かす伊藤選手、攻守の切り替えでリングへ走るブラウン選手が加入したことで、アップテンポなバスケットに磨きがかかり、得点のバリエーションが広がりました。これからも益々大阪との「伝統の一戦」から目が離せません。


#2 伊藤達哉


#33 アイラ・ブラウン

 

サンロッカーズ渋谷

 3年振りのCS出場を目指す渋谷は、オフに5選手を迎え入れました。その中でも注目すべきは、シューティングガード陣の新加入です。ポイントガード経験を生かしアシストパスも武器として持つ#73田渡修人選手が三遠から、天皇杯3連覇の一員であり昨シーズン3Pシュート成功率1位の#27石井講祐選手が千葉から電撃移籍を果たしました。大黒柱の#6ロバート・サクレ選手を軸に、アウトサイドからの得点力アップを図ったことにより、相手に的を絞らせないバランスの取れたバスケットが予想されます。先に紹介した三河同様に、渋谷の戦い次第では東地区、リーグの勢力図が変わるため、終盤戦まで順位が確定しない見逃せない激戦になりそうです。


#73 田渡修人


#27 石井講祐