MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > Kings Wednesday News (KWN) Vol.51

Kings Wednesday News (KWN) Vol.51

 今回の「Kings Wednesday News」は、中地区首位の川崎ブレイブサンダース、そして前節その川崎と対戦して勝利した島根スサノオマジックについてご紹介します。 

 開幕から9勝3敗と高い勝率(.750)で中地区首位を独走する川崎ブレイブサンダースは、 #7 篠山竜青選手や#22ニック・ファジーカス選手のコンビが中心で、このコンビは日本代表チームでも司令塔と大黒柱して活躍しました。しかし昨シーズンはシューターの#14辻直人選手の怪我により自慢の攻撃力も影を潜め、2年連続チャンピオンシップQF敗退と悔し涙をのみました。今季は、その辻選手が復帰し、さらなる得点力が期待できそうです。また新加入の#27熊谷尚也選手は豪快なダンクシュートが魅力の選手ながら、外からのシュートによる得点も可能とどの位置からでも得点することができ、対戦相手にとっては嫌な選手の一人であることは間違い無いでしょう。そして要マークの#0藤井祐眞選手は、2017-18シーズン「ベストシックスマン賞」にも輝いた実績があり、終始エナジー全開でプレーしチームに勢いをもたらします。それに加え、高校のウィンターカップで史上最多得点である1試合79点の大記録を打ち立てるほどの得点能力を持ち合わせている選手です。タレント揃いの強力なチームで選手同士がフィットすれば、川崎のBリーグ初優勝が見えてくるかもしれません。 




 その川崎を11月2日(土)にホームコート松江市総合体育館に迎え、勝利を収めた島根スサノオマジックは、現在西地区6位と苦しい戦いが続いています。昨季B2より昇格し、今季こそB1で結果を残したい島根は、昇格に貢献した#0 佐藤公威選手や#6北川弘選手が残留。ベテランの#5 山下泰弘選手が新加入ながらキャプテンに就任するなど昨季からの在籍選手とベテラン選手とでの安定感がチームの鍵となりそうです。また新加入の#4ロバート・カーター選手、#41ブライアン・クウェリ選手の両外国籍選手が、得点とリバウンドに大きく貢献しチームを牽引しています。カーター選手は、インサイドの選手でありながら外から3ポイントシュートも決めるなど、オールラウンドでオフェンスに絡み、なおかつリバウンドでも強さを見せます。川崎戦では、#6北川選手の外からのシュート、#41クウェリ選手と#4カーター選手がインサイドのプレーで川崎を撃沈しました。両外国人選手が島根の中心として活躍を見せています。これに加えてシューター陣のシュート確率が向上すれば、1試合平均64.8点というリーグワーストの得点力が改善されて川崎のような上位のチームにも引けをとらないチームとなりそうです。 
 
そして11月3日(日)に行われた川崎との試合では、昨シーズンの1年間をキングスの練習生として努力を積み重ねてきた#75神里和選手(小禄高校→白鵬大学)が、スタメンでポイントガードに抜擢されました。#75神里選手は27分のプレータイム、2ポイントシュート4本、3ポイントシュート2本を決め10得点をあげる活躍を見せました。練習生時代には非凡なシュート力でチーム練習でも輝いていた#75神里選手と島根の今後にも注目です。





<試合スケジュール> 
11月9日(土) vsアルバルク東京 @アリーナ立川立飛 18:05 Tipoff  
11月10日(日) vsアルバルク東京 @アリーナ立川立飛 15:05 Tipoff  
11月16日(土) vs滋賀レイクスターズ @沖縄市体育館 19:05 Tipoff  
11月17日(日) vs滋賀レイクスターズ @沖縄市体育館 14:05 Tipoff 


試合一覧:
https://goldenkings.jp/game-list/2019-20/