MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 選手契約合意のお知らせ

選手契約合意のお知らせ

この度、琉球ゴールデンキングスでは、橋本竜馬選手と2018 -19シーズンの選手契約合意に至りましたのでご報告致します。

橋本 竜馬(はしもと りょうま)

photo_459466.JPG

出身地:福岡県
生年月日:1988年 5月 11日
身長:178cm
体重:81kg
ポジション:PG
福大大濠高校-青山学院大学

<主な経歴>

2004 福岡大学附属大濠高等学校 
    2年次 インターハイ準優勝
    3年次 インターハイベスト8、ウィンターカップ3位
2007 青山学院大学
    1年次 関東大学1部リーグ戦優勝、インターカレッジ優勝 
    2年次 関東大学バスケットボール選手権大会優勝
         関東大学1部リーグ戦優勝、インカレ3位
    3年次 関東大学バスケットボール選手権大会3位
         関東大学1部リーグ戦3位、インカレ3位
    4年次 関東大学バスケットボール選手権大会優勝
         関東大学1部リーグ戦優勝、インカレ優勝 
2011 -2017 アイシン(現シーホース三河)
    2012 日本バスケットボールリーグ準優勝
       全日本総合バスケットボール選手権大会準優勝
    2013 日本バスケットボールリーグ優勝
          全日本総合バスケットボール選手権大会準優勝
    2015 ナショナル・バスケットボールリーグ優勝
    2016 ナショナル・バスケットボールリーグ準優勝
       全日本総合バスケットボール選手権大会優勝
    2018 全日本バスケットボール選手権大会準優勝

<日本代表歴>

2015年 第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会 ベスト4
2017年 平成29年度バスケットボール男子日本代表候補重点強化選手
     FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区予選 候補メンバー
2018年 FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区予選 候補メンバー

 

<橋本選手メッセージ>

 この度、琉球ゴールデンキングスに移籍することになりました、橋本竜馬です。
 まず初めに、私をここまで育てていただいた指導者の皆様、そしてプロとはどういう世界なのかということを教えていただいたシーホース三河に感謝申し上げます。
 今回の移籍を決断するまでには、想像してた以上の葛藤がありました。それは、7年間所属したシーホース三河での自分という存在、そして応援してくれる沢山のファンがいること、その中での移籍だったからです。退団発表後、チームメイトからの言葉やファンの皆様の声を聞いて、これまで歩んできた道のり、そして残してきた足跡が、こんなにも大きく濃いものだったということを切に感じました。
 その上で、私は沖縄に行くことを決めました。選手として、また人として、評価し話し続けてくれた木村社長また佐々ヘッドコーチの下でプレーすること、そして初めての沖縄での試合で感じた、ブースターの皆様のバスケットボールへの溢れんばかりの情熱を想像した時に、私の心は大きな夢を持った子どものように動き出しました。

 ただの一選手に過ぎませんが、琉球ゴールデンキングスにとって、強烈且つ刺激的なスパイスとなるよう、圧倒的なバスケットボールへの情熱をコートで表現し、チームメイト、キングスブースター、そしてアウェイブースターの心までも鼓舞していきます。
 泥臭く、男臭く、そして自分らしく、これからも突き進んでいきたいと思いますので、沖縄の皆様、よろしくお願い致します。最後になりますが、私は優勝するためにここへ来ました。遠い南の島より、熱く燃え上がる塊となって、本土を震え上がらせましょう!
ブースターの皆様と会える日を、楽しみにしています!

<球団コメント>

 

橋本選手は、国内最高峰の激しいディフェンスと経験豊富なゲームメイクで、攻守共にチームを牽引するポイントガードです。
 琉球ゴールデンキングスが、優勝するに相応しいチームとなるために必要不可欠な存在であることは間違いありません。青山学院大学時代、アイシン(現・三河)時代に数々の日本一に輝いてきた勝者の経験を、沖縄へ注入してくれることが大いに期待されます。
 もちろん結果自体だけでなく、結果を追い求めるプロセスにおいて、常にチームメイトを鼓舞し、闘い続ける姿こそが橋本選手の真骨頂でもあります。チームだけでなくキングスのホームゲームを、これまで以上に熱くしてくれることでしょう。
 キングスの主将・岸本隆一選手とは正反対のタイプであり、互いに切磋琢磨しつつも、異なる役割を担いながらチームの勝利へ共に歩んでゆくことを、2人とも非常に前向きに受け止めています。
 今回、長年在籍した所属チームを離れ、並々ならぬ決意で琉球ゴールデンキングスへ加入します。橋本選手への応援を、よろしくお願いいたします。