MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>石崎巧選手と選手契約基本合意

石崎巧選手と選手契約基本合意

琉球ゴールデンキングスでは、石崎 巧 選手との2017ー2018シーズン選手契約が基本合意に達しました事をご報告致します。

ishizaki600.jpg

石崎 巧(いしざき たくみ)

出身地:福井県
生年月日:1984年 7月 6日
身長:188cm
体重:87kg

<経歴 >
2000年~北陸高校
              3年次主将 インターハイ優勝、国体準優勝(福井選抜 主将)、ウインターカップ準優勝
2003年~東海大学
      3年次 全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)優勝
  4年次主将 全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)優勝
2007~2010 東芝(現 川崎ブレイブサンダース)
2010~2011 島根スサノオマジック
2011~2013 ドイツ2部リーグ BVケムニッツ
2013~2014 ドイツ1部リーグ MHPリーゼン・ルートヴィヒスブルク
       ※日本人初のドイツトップリーグでのプレーヤー
2014~2017 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(2014年~2017年)
       ※ 前身の三菱電気、三菱D名古屋を含む


日本代表歴
2002年(北陸高校3年)ジュニアアジア大会 6位
2005年(東海大学3年) ユニバーシアード(U-24)出場
2007年 (東芝1年目)ユニバーシアード(U-24)出場し、ベスト4へ導く
2009年 東アジア選手権 3位入賞、東アジア競技大会出場
2010年 FIBAアジアスタンコビッチカップ 準優勝、広州アジア大会4大会ぶりのベスト4入り
2011年 東アジア選手権 準優勝、ロンドンオリンピック予選も兼ねたFIBAアジア選手権 7位
2014年 FIBAアジアカップ 6位、仁川アジア大会 4大会20年ぶりの3位入賞

<石崎 巧選手 コメント>

 この度、琉球ゴールデンキングスに新しく加わることとなりました石崎巧です。移籍を考えるに至ったきっかけは、実際にチームに携わる方々と直接お話をさせてもらう中で、常に上を目指して変化を続けるその姿勢に強い共感を得たからです。
 既にチームとして確かな実績を残し、大勢の熱いファンに愛されているチームの一員になれることをとても嬉しく思いますし、同時に大きな責任も感じています。ここまで成長し続けてきたチームをさらにステップアップさせるためのプラスアルファとして、持てる全てで日々戦い続けていく覚悟です。

<球団コメント>

 常に、国内トップレベルで活躍。日本代表として世界と対峙し、単身でも海外へ挑戦。確かな実力と豊富な経験を備えた石崎選手の加入が、琉球ゴールデンキングスを1つ上の次元、2つ上の次元のプロチームへと押し上げてくれることが期待されます。
 現状維持の先には停滞しかありません。貪欲に成長し続けることでしか、この厳しい世界では生き残れません。自己評価を甘く見誤ることなく、琉球ゴールデンキングスが、Bリーグにおいて真の意味で戦えるチームへと変貌する為には、石崎選手のようなハイレベルなプレーヤーの加入が不可欠です。
 一戦力としての実力は今さら説明するまでもありません。それに加え、バスケットボールに対する妥協を許さないストイックな姿勢とゲームに対する高い知性を併せ持つ圧倒的な存在感は、潜在力を秘める若手選手に好影響を与えてくれるはずです。
 石崎選手本人も、今まで培ってきた全てを琉球ゴールデンキングスに捧げ、沖縄のバスケットボールを通じて、日本バスケットボール界に還元していくという強い意志で移籍を決断してくれました。石崎選手と琉球ゴールデンキングスへの、これまでと変わらぬ温かい応援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。