MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 12/2 天皇杯 大阪戦

[コメント] 12/2 天皇杯 大阪戦

 試合後の佐々HC、並里選手のコメントをご紹介。延長戦ま激戦を繰り広げた本日の試合、最後に勝利を掴んだのは大阪でした。天皇杯はベスト16で敗退という結果になりましたが、来週から再開するリーグ戦で今回の敗戦を糧に、栃木ブレックスとの東西首位決戦、そして今季惜敗を喫した京都とのホーム戦に臨みます。
 

 今後の試合一覧はこちらをご覧ください。
 

佐々宜央HC

「ゲームのクロージングで逆転を許し、一番ショッキングな負け方をして、大阪まで足を運んでいただいた方を含めファンの皆さんに申し訳ない気持ちです。しかし落ち込んでいる間もなく、来週にはアウェイで栃木との対戦があります。今日の敗戦がシーズン最後のゲームではなかったというふうに捉えて、来週以降の試合で、1つ1つ勝てるようにハードに戦い続けます。」
 

並里成選手


「3Qの入りが悪く、後半の出だしから相手に流れをつくらせてしまったことが、その後の展開へ影響したと思います。しっかりと反省、修正すべきところなので、チームとして良くなるように改善したいと思います。来週の栃木戦は、今年一番の強敵であり最大の山場だと思います。栃木に対し、自分たちがどれだけチャレンジャーとしてアグレッシブにプレーできるかが、勝敗を左右すると思うので、強い気持ちで臨みます。」