MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 12/26 大阪戦

[コメント] 12/26 大阪戦

 試合後の佐々HC、岸本選手のコメントをご紹介。試合開始早々で#40ジョシュ・スコット選手が負傷退場し、チームの大黒柱不在での厳しい戦いとなりました。インサイドのディフェンスを#51古川選手や#21寒竹選手が中心となってチーム全員でカバーすることに努めました。しかし、大阪のシュート力は最後まで衰えず敗戦を喫しました。  

 次回の試合はキングス初の大晦日ゲームを開催。横浜ビー・コルセアーズを迎え、30日(日)、31日(月)の両日、沖縄市体育館にて19:05開始となります。また、新春1月5日(土)、6日(日)は、今日戦った大阪エヴェッサをホームに迎え伝統の一戦を行います。年末年始もキングスへの応援を宜しくお願いします。
 

今後の試合一覧はこちらをご覧ください。


佐々宜央HC


「序盤アクシデントに見舞われて苦しい展開だったが、その中でも活路をみいだそうと一人一人が頑張ろうという意識が強すぎて、チームとして戦えていなかった部分もあり、最後まで声を出して応援していただいたファンにいい姿をみせれなくて残念でした。苦しい状況の中で今後いかに戦っていくかが、ファンに応援してもらえる根本だとおもうので引き続き応援してもらえるような闘いぶりをみせていきたいです。そしてまた一緒に戦っていきましょう。」



岸本隆一選手

「結果はもちろん悔しいが、序盤スコット選手が負傷退場するアクシデントに見舞われ、チームの中心選手がいなくなったことで、今後チーム力が試されてくると思います。これをピンチと思うのか、成長のチャンスに変えるのかは、自分たち次第なので今から毎試合毎試合強くなっていくように取り組んでいきます。」