MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 2/2 新潟戦

[コメント] 2/2 新潟戦

 試合後の佐々HC、エゲケゼ選手と田代選手のコメントをご紹介。新潟の強力インサイド陣、ベテラン選手のシュート決定力の前にゲームの主導権を握られてしまいました。1月6日(日)以来の出場となった#32 アマンゼ・エゲケゼ 選手がチーム最多の22点、#24 田代直希選手はチーム最多の9アシストで得点を生み出すきっかけをつくりました。
 明日3日(日)も同じく苦しい戦いが予想されます。本日の試合で収穫となったチームで戦うバスケットが相手よりも長くできれば勝機が見えてきます。アウェイ5連戦の最終日となる明日の試合、最後まで勝ちたい気持ちを持ち続けるキングスへ応援よろしくお願いします。

 

今後の試合一覧はこちらをご覧ください。

 


佐々宜央HC


「欠場者が多く出ている中で、常に準備をしてくれていアマンゼ選手がステップアップしてくれたことで、今日の試合展開ができたと思います。(勝利を手にするまで)あともう少しだと思うので気持ち切らさず、今いるメンバーでひとつひとつ大事にしてやっていきたいと思います。ファンの方も見てて苦しい状況かと思いますが、僕らも早くファンの笑顔を見たいと思っているので、また明日しっかり挑んで勝ちを狙っていきたいと思います。」


アマンゼ・エゲケゼ 選手



「エアーズ選手がいない事ですごく難しい試合でした。新潟#54 ダバンテ・ガードナー選手という素晴らしい選手に対して、チーム全員がディフェンスの中でエナジーを出して40分間戦えたと思います。ただ悔しい敗戦になったという事で、明日はよりエナジーを出せば結果としてついてくると思うので、しっかり戦っていきたいと思います。」


田代直希選手

「エアーズ選手がいない事でインサイドに弱みを作ってしまいましたが、その中でも上手くトラップディフェンスだったり、チーム全員で守りきる場面もあり、ディフェンではいい試合をできたと思います。ただ、敗戦したことは悔しいですし、もっとエナジー出さないと勝利することは難しいと思うので、明日の戦いではどんどんチームのプラスになるプレーをしていきたいです。」