MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 3/13 滋賀戦

[コメント] 3/13 滋賀戦

 試合後の浜中HC代行、並里選手、須田選手のコメントをご紹介。キングスは佐々宜央ヘッドコーチの不在、得点源の#24田代直希選手と#51古川孝敏選手を怪我で欠く苦しい状況の中、最後まで戦い続けましたが滋賀の勢いを止め切れず敗戦を喫しました。

 次の試合は16日(土)、17日(日)にライジングゼファー福岡を宜野湾市立体育館に迎えてのホームゲームです。

今後の試合一覧はこちらをご覧ください。
 

 

浜中謙 HC代行

「富山戦の敗戦からチームとして連敗を阻止すると意気込み臨みました。しかしゲームの入りで滋賀さんの得意なことでやられてしまった、勢いづかせてしまったのは私自身のチームに対するアプローチがミスだったと反省しています。素晴らしいプレーをホームコートで続けられた滋賀さんに敬意を表したいと思います。」


 

並里成選手

「滋賀は、集中力や戦術であったり勝敗という数字に惑わされるくらい、勢いと強さのあるいいチームだと思います。自分たちがどんな状況でも勝ちたいという思いでプレーしましたが、今日は完敗です。」


 

須田侑太郎選手

「怪我で出場できない選手や佐々HC不在などイレギュラーでしたが、誰がいないに関係なくこの結果が僕らの実力だと思います。ゲームの入りもディフェンスの強度がないままで後手に周り、相手に気持ちよくシュートを打たれて、チームとしてやるべき事が徹底できていませんでした。
 厳しい状況ですが、試合は続くので次のホーム戦では負けられないです。対戦相手の福岡も簡単な相手じゃないですし、また同じ負け方を繰り返さないよう戦う気持ちをそれぞれが持って、改めてどうあるべきか見つめ直して今週末を迎えないといけないと思います。様々な戦術などありますが、とにかくやる事を激しく徹底することを大切にして、その気持ちを見失わないよう戦い続けます。」