MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]キングス、アウェイ大阪で接戦を落とす

[結果]キングス、アウェイ大阪で接戦を落とす

 キングスは、62-66で大阪エヴェッサに敗れました。今シーズン2勝2敗のタイで迎えた伝統の一戦は、両軍ともに序盤からハードな守備からボールを奪うと積極的にリングを狙っていきます。この試合でBリーグ通算1,000得点を決めた#24田代直希選手を筆頭に#6金城茂之選手が連続得点を奪い、キングスが試合の主導権奪取に成功。

 後半に入ると、ホームで負けられない大阪も内外で上手くボールをつなぎ得点を重ね、一時1点差まで迫りました。そこで逆転を許さなかったのが、#44ケビン・ジョンーズ選手、#22スコット・モリソン選手や#21寒竹隼人選手の体を張ったリバウンドでした。

 しかし、試合終盤は再び大阪の猛追の前に逆転を許しました。すぐに同点に追い付くとそこから激しいシーソーゲームとなり、試合終了のブザーまでどちらが勝つかわからない試合となりましたが、僅差で大阪に軍配が上がりました。

 明日14日は14:05より、同じく大阪エベッサとの今シーズン最後のアウェイ戦に挑みます。

 そして、いよいよレギュラーシーズン最終節となる来週末は、4月20日(土)19:05、21日(日)18:05より、沖縄市体育館に勢いに乗る滋賀レイクスターズを迎え討ちます。CSへ弾みをつける大事な試合となります。皆様の応援を宜しくお願い致します。

 

今後の試合一覧はこちらをご覧ください。

 

      1Q  2Q  3Q  4Q
琉 球   12  26  13  11  | 62
大 阪   16  14  14  22  | 66

 

#14 岸本 15点
# 0  石崎 13点 
#44 ジョーンズ 11点 14リバウンド
#22 モリソン 5点 13リバウンド