MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 4/14 大阪戦

[コメント] 4/14 大阪戦

 試合後の佐々HC、田代選手のコメントをご紹介。前半からキングス、大阪互いに堅いディフェンスで失点を抑えるゲーム展開が続く中、後半に入るとキングスがさらにディフェンスのギアを上げリードをひろげました。大阪の粘りを振り切り76対59でキングス勝利。今シーズンの「伝統の一戦」を3勝3敗で終えました。

 次の試合は、4月20日(土)19:05より沖縄市体育館にて好調滋賀レイクスターズを迎え討ちます。CSまで残るは2試合。最高の形でCSに入る為に弾みをつける大事な試合となります。皆様の応援を宜しくお願い致します。


今後の試合一覧はこちらをご覧ください。


佐々宜央HC

 

「今順位は決まっていますが、最後のホームゲームは、負け越している滋賀戦なのでしっかりCSを見据えた戦いというよりも、滋賀戦からCSが始まるという気持ちで臨みます。CSを勝ち進めば試合数が増えますが、最悪の状況だとホームで残り4試合となってしまうので、1試合1試合噛み締めながらファンと戦っていきたいと思います。来週も会場に足を運んでもらって1勝でも多く勝利を分かち合えればと思っております。」



田代直希選手

 

「ここ最近の試合では、ディフェンスに対する集中力を高め、ディフェンスのエラーやコミュニケーションのミスを減らしていくことを意識してプレーしていました。僕自身、得点やリバウンドを評価されて試合に出ていると思っていないので、一生懸命ディフェンス続けていきたいと思います。CSの戦いに向けて、平常心で挑めるよう準備して、気負わずいつもどおりで挑みたいと思います。」