MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 8/27 信州戦

[コメント] 8/27 信州戦

 試合後の佐々HC、田代選手、新加入の長谷川選手と並里選手のコメントをご紹介。次の試合は、8月29日(木) 19:35より同じく沖縄市体育館で信州ブレイブウォーリアーズと対戦します。新生キングスへ皆様の熱い熱い声援をどうぞ宜しくお願い致します

佐々宜央HC


「信州さんやマクヘンリー選手を沖縄に迎え戦えることで、ファンの皆さんの声援で素晴らしい雰囲気を作って頂きました。そういう中では選手たちのパフォーマンスも変わってくるので、シーズン開幕を迎える前に体験できたことに感謝しています。これから1年間がスタートするんだなと実感しています。シーズン通して良い時と調子が良くない時のアップダウンを少なくして、ファンの皆さまと一緒に1年を戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。」


田代直希選手


「練習を重ねていくうちに、キャプテンとして考えすぎてしまう場面を知ることができ、今日はキャプテンとして考え過ぎないように佐々HCとも話をしていたので、景色は変わらずいつも通りで試合に臨めました。コンディションが上がっていない選手や外国人選手が合流して時間も短い中、これまでやってきた、ディフェンス、リバウンド、ルーズボールを大切にしてプレーしました。キングスが大事にしている、沖縄を明るく、元気にする、勇気を与えることを大事にして、沖縄を大事にすることをチームメイトにも伝えながら、自分自身体現していきたいです。」


並里成選手、長谷川智伸選手


並里選手
「バスケットのスタイルはボールをチームでシェアし、自分自身はポイントガードとして周りに任せながら、みんなの仕事を生かすことができた。チームが困った時に、何か自分でできたらと常に心がけています。」

長谷川選手
「ゲーム感の不安がありましたが、個人的にはいいスタートがきれました。これから精度を上げていく段階ですが、チーム全体でボールも回っていたのでよかったと思います。リングに向かう姿勢、アグレッシブにディフェンスをしたり、チームの潤滑油になれるようなプレーを続けます。アウェイチームとして沖縄のコートでプレーした時に感じた雰囲気と、今日初めてキングスのユニフォームを着てプレーしてみて、ブーイングだったり選手の後押しする場面など沖縄のファンの声援は心強かったです。」