MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]キングスが緊迫した接戦で勝利!

[結果]キングスが緊迫した接戦で勝利!


 

 宇都宮市で行われました宇都宮ブレックスとのプレシーズンゲームは、ラストプレーで勝負が決し、キングスが80-78のスコアで勝利を収めました。プレシーズンゲームではありましたが、レギュラーシーズンを思わせるほど、両者の意地がぶつかり合った好ゲームとなり、手に汗握る接戦となりました。 


 試合序盤、キングスの激しいプレッシャーが相手オフェンスのリズムを崩し、スティールからの速攻で流れを掴みます。#3並里成選手のスティールからの速攻、更には#34小野寺祥太選手が3ポイントシュートや自らのスティールからのワンマン速攻などで得点を重ねて流れを掴みます。それでも宇都宮は中盤に#9遠藤祐亮の連続3ポイントシュートで息を吹き返すと、そこからは一進一退の攻防を繰り広げます。 

 2クォーターは#32満原優樹選手がキングスのオフェンスを牽引していきます。ファストブレイクや3ポイントシュートなど3連続スコアをメイクして相手に流れを掴ませません。しかし、宇都宮は大黒柱の#22ライアン・ロシターにボールを預けていくと、一気に点差が縮まります。 

 最終クォーターになっても両者譲らず、何度もリードがチェンジする展開となってお互いに我慢しながらゲームクロックが進んでいきます。キングスは並里を中心にゲームを展開していきますが、ここで#2福田真生がチームを救うリバウンドを奪い、そして小野寺が素晴らしいディフェンスを見せてゲームの流れを掴もうと我慢強く戦います。一進一退の攻防を繰り広げる中、ゲームは大きなハイライトを迎えます。まずは小野寺がリバウンドの際にボールをティップして並里の手に渡ると、並里がそのまま積極的に3ポイントシュートを決めてキングスが逆転します。しかし、宇都宮も試合残り4秒で遠藤がドライブから得点をあげて同点に追いつきます。キングスはすぐさまタイムアウトを請求し、ラストプレーをアレンジします。サイドラインから並里にボールが渡って、そのままドライブで相手ディフェンスを抜き去り、ベースラインからレイアップを華麗に決めて大接戦は決着しました。 


 キングスは、アーリーカップ関西参戦、マカオのテリフィック12参戦と遠征先での戦いが続いた後、10月5日のシーズン開幕戦を迎えます。新シーズンも琉球ゴールデンキングスへ皆様の熱い熱い声援をどうぞ宜しくお願い致します。



     1Q  2Q  3Q  4Q
琉 球   17  19  18  26  | 80
宇都宮   18  14  19  27  | 78


 

#34  小野寺 16点 3アシスト
#3  並里 15点 7アシスト 6スティール
#4    ブルックス 13点 7リバウンド
#32  満原 11点 2アシスト
#2    福田  4オフェンスリバウンド(チーム最多)