MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント] 9/4 宇都宮戦

[コメント] 9/4 宇都宮戦

 試合後の佐々HC、小野寺選手、並里選手、福田選手のコメントをご紹介。試合開始から終了最後のブザーが鳴るまで両クラブの激しい攻防が続いた好ゲーム、最後は並里選手がドライブからの得点を成功させチームを勝利へ導きました。

 

 

佐々宜央HC
「こういうプレシーズンの時期に宇都宮さんとゲームができて有り難かったですし、お互いにコンディションはまだまだですが、こういう競り合う展開を経験できたのは良かったと思います。お互いに課題はある中ですが、うちの選手たちは良く頑張ったと思います。宇都宮さんはリバウンドが強いチームでディフェンスリバウンドを取られるシーンはあったけれども、逆に自分たちがオフェンスリバウンドを取るシーンが何度かあって、それでゲームが繋がったと感じています。特に福田選手とか、再度に小野寺選手が弾いたシーンとか良かったです。今は選手が凄く入れ替わった中で先週の信州さんとのゲームでもそうでしたが、スタートやラインナップを色々と変えながら個々の良さや強みを見ていく時期で、色々と探っている状況です。その中でもチーム一丸となって戦うという状況を作り上げたい部分があります。今日はジャック・クーリーの怪我やジョシュ・スコットもプレータイムを制限している中で、相手の外国籍選手が最後2人同時に出てきた時にはインサイドでやられる覚悟もあったけれども、しっかりと耐えて自分たちが3Pシュートで上回る事ができたゲームでした。」

 

小野寺祥太選手

 

試合始まる前にコーチから相手の遠藤選手を抑える事にフォーカスして欲しいと言われていたけど、その部分ではまだミスがあったので修正していかないと感じています。オフェンスに関してはチームメイトがノーマークを作ってくれていたのでシュートを決めきれましたし、アタックとかも練習中から積極的にやって欲しいとコーチングされていたので、しっかりと持ち味を出し切る事ができたと思います。開幕に向けて自分はオフェンスではなくディフェンスの部分でチームから期待されているので、ディフェンスでの細かい修正点やチームメイトとのコミュニケーションの部分を大事にして準備していきたいと考えています。」
 

並里成選手


本当にプレシーズンで宇都宮さんとゲームできるのはとてもベストな事だと思っています。ゲームでの激しさやスマートさに関しては自分たちも彼らから学ぶ所はたくさんあるので、今日のゲームを戦えて良かったと感じています。ラストプレーに関してはコーチがデザインしてくれて、思い切り行けという指示もあったのでアタックした形でした。シーズンに向けて現段階ではまだまだ完成度は低いですし、選手として学ぶ部分もたくさんあると思うので、1日1日大切に積み重ねて練習やゲームをやっていきたいと思います。」


福田真生選手


お互いにディフェンスの良いチームで、自分としては宇都宮さんとは3シーズン戦っていなかったので凄く楽しみにしていました。最後に競って勝てたというのは大きいと思います。リバウンドに関してはHCから自分のリバウンドの部分を買われてチームに加入しているので、自分ができる形で活躍できて良かったです。今シーズンはステップアップする為の挑戦でキングスへ加入したので、自分の良さを最大限発揮してトライできるように開幕に向けて準備をしていきたいです。」