MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]キングスの強さが光った快心のゲーム

[結果]キングスの強さが光った快心のゲーム

 アーリーカップ2019関西に参戦したキングスは、おおきにアリーナ舞洲にてバンビシャス奈良を91対66で下しました。
 試合序盤からキングスらしいプレーが数々出ました。ファーストショットは、昨年12月にこのおおきにアリーナ舞洲で大怪我をした#40ジョシュ・スコット選手が、さまざまな思いや記憶が交錯する中での快心の得点となりました。スコット選手に続けと順調に得点を伸ばすキングスは、#4デモン・ブルックス選手が3ポイントシュート、#14岸本隆一選手のミドルジャンパー、#32満原優樹選手のインサイドプレーでリードを広げます。対する奈良は、外国人選手を中心に連続で得点を重ね、キングスに食い下がりました。
 試合後半キングスは、更に激しいチーム全員のディフェンスで奈良にプレッシャーをかけ続けます。ブルックス選手、スコット選手が次々とシュートを決め、奈良を突き放していきました。そして満原選手、#3並里成選手、#0石崎巧選手の連続スティールで奈良の攻撃の機会を奪い、キングスがゲームを支配しました。
 準決勝を91対66で勝利し、3年連続で決勝戦進出を決めました。明日は、アーリーカップ関西の決勝戦に挑みます。キングスは大阪エベッサと京都ハンナリーズの勝者とおおきにアリーナ舞洲にて15:00より対戦します。皆様の熱き声援を宜しくお願いします。

     1Q  2Q  3Q  4Q
琉 球   28  20  24  19  | 91
奈 良   23  11  15  17  | 66

 

#4 ブルックス 22点 7リバウンド
#40 スコット 17点 6リバウンド

#14 岸本 15点 3アシスト
#32 満原 12点 7リバウンド 3スティール