MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021沖縄開催決定記者会見

B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021沖縄開催決定記者会見

 昨日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグより公表されました「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021」の沖縄開催について、琉球ゴールデンキングスが沖縄県庁舎にて記者会見を行いました。記者会見には、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME」に出場経験のある、#3並里成選手、#14岸本隆一選手、そして安永淳一取締役が登壇しました。



【琉球ゴールデンキングス #3並里成選手 コメント】
 沖縄アリーナでB.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021が開催されることは純粋に嬉しいです。私がオールスター2021に選ばれることになれば、インパクトのあるプレーで、バスケットボールを楽しんでいる姿を見せられるように、これからも頑張っていければと思います。


【琉球ゴールデンキングス #14岸本隆一選手 コメント】
 プロとしてのプレーをオールスターという場で多くの人へ見てもらうことで、感動やワクワクを人の心に与えることができることの意義はすごい大きいと思います。また、沖縄にリーグのトップレベルのプレーヤーが集う祭典になるので、より多くの沖縄の子ども達に観てもらって、忘れなれないような思い出に残るようなものになって欲しいです。

【琉球ゴールデンキングス 安永淳一取締役 コメント】
 著しい発展を続ける日本バスケットボール界に、お客様が熱狂し感動する最新アリーナが完成し、そこで全国規模のB.LEAGUE ALL-STAR GAMEが開催される事をとても嬉しく思います。皆様と一緒にB.LEAGUE ALL-STAR GAME沖縄開催を成功させましょう。




 「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021」の沖縄開催決定につきまして、玉城デニー沖縄県知事、桑江朝千夫沖縄市長より頂いたコメントをご紹介いたします。

【玉城デニー沖縄県知事 コメント】
 この度、「B リーグオールスターゲーム2021」が沖縄県で開催されますことを非常に嬉しく思います。開催地決定にあたり、ご尽力された琉球ゴールデンキングスはじめ関係者の皆様に対し、深く敬意を表します。
 沖縄県では、スポーツを活用した観光振興並びに地域活性化を図るとともに、県民のスポーツに触れる機会を創出し、「スポーツアイランド沖縄」の形成に向け取り組んでいるところであります。ご存じのとおり、沖縄県においては琉球ゴールデンキングスが2季連続の西地区優勝並びにチャンピオンシップ・セミファイナル進出を果たすなど、地域に愛されている”わったー島のバスケットボールチーム“として活躍しており、バスケットボールは県内におけるスポーツの中でも特に人気の高いスポーツとなっております。「Bリーグオールスターゲーム2021」において、国内トップクラスのプレ ーを間近で観る機会は、競技力の向上や青少年の健全育成など、沖縄県のスポーツ振興に資するとともに、観光振興や地域経済の活性化に寄与するものと考えております。
 沖縄県としては、イベントの成功に向け、主催者や開催地である沖縄市と連携・協力して取り組んでまいります。


【桑江朝千夫沖縄市長 コメント】
 先日、FIBAバスケットボールワールドカップ2019中国大会が開催され、21年ぶりに日本代表が出場するなど、バスケットボ ールが日本全体で大きな盛り上がりを見せているなか、Bリーグのオールスターゲームの開催地として、本市のアリーナが選ばれたことを大変光栄に思っております。沖縄で、Bリーグトッププレイヤーが間近で見られることを想像すると、期待に胸が膨らむとともに、沖縄のこども達へ夢と希望を与えることができ、とても嬉しく感じております。
 最後に、「B リーグオールスターゲーム2021」の誘致にご尽力をたまわり、関係者の皆様に感謝を申し上げるとともに、「Bリーグオールスターゲーム2021」という、全国から注目される大会の成功に向け、関係機関と連携・協力して、取り組んでまいります。