MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [コメント]10/20 秋田戦 試合後

[コメント]10/20 秋田戦 試合後

一進一退の攻防戦を見事勝ちきり、秋田ノーザンハピネッツに勝利しました。勝ちに慢心せず、気を引き締め次に挑む気持ちのこもったコメントご紹介します。
 

佐々ヘッドコーチ

今日のゲームは、戦術的には対応できたが、昨日の試合で戦っていない姿を見せた時間帯があって、精神的に弱いチームだと思います。チームが新しくなり、去年リーダーシップを発揮していた人が実際にいなくなったのは大きく、技術的なところよりは精神的な部分、今後もそこが課題になると思います。今日はコーチというよりサポーターという立場で、選手がネガティブにならないように声かけを意識しました。引き続き、メンタルの上げ下げや戦い方にブレはあり油断を1つもできない状況です。毎回毎回必死に戦っていきます。


 

クーリー選手

リバウンドを勝たないと勝つチャンスは少ないと思っています。試合前にもコーチ陣からも強調されていたので、リバウンドに入る気持ちが昨日とぜんぜん違って入れました。今日のチームのテーマはポジティブに戦おうということで、下を向いている時間が昨日は長かったので、そこをチームで1つになって戦おうと意識して試合に臨めました。ジョシュがコート上でできることの代わりは自分にはできないので、1人ひとりが高い意識を持って、彼の穴を一つひとつ埋めていってチームで戦っていきます。


 

並里選手

ゲーム運びの中で、4Qで必要の無いファウルが重なったのは反省点です。今年に限っては1勝がすごく大きいものなので、今日勝ち切れたのは良かったし、次に繋がる1勝、今後本当に今シーズンにひびく1勝だったと思います。