MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]キングス6連勝で地区首位へ躍進!

[結果]キングス6連勝で地区首位へ躍進!


 富山グラウジーズとの2度目の対戦は、キングスが85対64で勝利し連勝を6に伸ばしました。試合開始直後、♯24田代直希選手がミドルジャンパーを決めると、♯4デモン・ブルックス選手が3ポイントシュートを沈め、♯45ジャック・クーリー選手も強烈なダンクを叩き込み、9連続得点でスタートダッシュに成功しました。ディフェンスでは♯14岸本隆一選手が富山からオフェンスファウルを得るなど、エナジー全開で主導権を握りました。その後もシュートが高確率で決まり、♯14岸本選手、♯24田代選手、♯45クーリー選手の3ポイントシュートで一気にダブルスコアとなりました。 

 昨夜の試合にも増してキングスはリバウンドに2度、3度と力強く絡み、ボールを富山に簡単には渡しません。さらにリバウンドでつないだボールを♯32満原優樹選手が3ポイントシュートできっちり得点し、流れはキングスのまま試合は進んでいきました。 
 富山は両外国人選手、日本人ガード陣が中心となってどうにか流れを取り戻そうとしますが、キングスはハードなディフェンスや闘志あふれるリバウンドで富山に流れを渡しません。♯24田代選手がバスケットカウント1スローを獲得、続けて富山外国人選手からオフェンスファウルを得るなど体を張ったプレイでコートを駆け巡り躍動しました。 
 トータルリバウンド数で富山を20本上回ったキングスは、効果的な試合運びで優位に立ち、昨夜に続いて大量リードで勝利し、富山戦を連勝で終えることができました。
 次回の試合は11月9日(土)、10日(日)に東京都立川市にてアルバルク東京と対戦します。東京は、昨季のCSで死闘を繰り広げた相手です。キングスにとって2週連続の遠征となりますが、皆様の熱い応援に後押しされて戦い続けます。 

    1Q  2Q   3Q  4Q 
琉球  24  22    19   20   85 
富山  12  16    13   23   64 

#4      ブルックス選手13点6リバウンド
#24    田代選手19点
#45  クーリー選手26点16リバウンド