MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]首位川崎に連敗でチームに危機感

[結果]首位川崎に連敗でチームに危機感

昨日に引き続き川崎ブレイブサンダースと川崎市で戦い、キングスは75対98で敗れました。

試合開始早々、川崎はうまくボールを回してノーマークを作り、長距離と中距離のシュートを確実に決めてきました。対するキングスは、♯24田代直希選手が連続で得点、♯45ジャック・クーリー選手もリング下で加点し存在感を示しました。昨日の修正点にも挙がったリバウンドにも♯2福田真生選手、♯32満原優樹選手らが絡み、激しい戦いを仕掛けます。そして♯41ユージーン・フェルプス選手はパワフルなプレーでリングへ果敢にアタックしました。

しかし川崎は点差が詰まると、#35ジョーダン・ヒース選手のボールを集め得点、#7篠山竜青選手や#14辻直人選手や#27熊谷尚也選手が効果的にゴールを決めキングスへ主導権を渡しません。川崎での連敗を受けてチーム内に危機感が芽生え、この危機感がキングスを成長させることに期待です。

次節は、12月11日(水)19:35久しぶりのホームゲームに同じ西地区の強豪京都ハンナリーズを迎え撃ちます。そして週末の14日(土)、15日(日)はアウェイにてレバンガ北海道戦も控えています。厳しい試合が続きます。皆様のキングスへの応援をよろしくお願いします。

    1Q  2Q   3Q  4Q 
琉球  15   22    23   15   75 
川崎  29   22    21   26   90 

#24    田代選手15点
#41    フェルプス選手16点12リバウンド
#45    クーリー選手17点