MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]我慢強く戦い、レバンガに連勝!

[結果]我慢強く戦い、レバンガに連勝!

 キングスは、レバンガ北海道との第2戦を84対69で勝利しました。試合序盤は、ホームでの連敗を避けたいレバンガ北海道とキングスの激しいディフェンスがぶつかり合い、両クラブともに2分間得点を挙げることができません。そのような中でのファーストショットは、昨日の勝利の立役者である♯14岸本隆一選手がドライブからバスケットカウントを決め試合が動き始めます。さらに♯14岸本選手は3ポイントシュートや同じくバスケットカウントを決めて立て続けに9得点を挙げます。同一カードの2戦目とあって両チームのエナジーレベルは高く激しく、お互いに譲らない緊迫した戦いとなり、試合前半は北海道が38対36の2点リードで折り返します。 
 後半は一進一退の攻防を繰り広げ、逆転再逆転を繰り返しながら試合は進みました。激しい主導権争いの中でもキングスは落ち着いて試合を進め、♯3並里成選手が3ポイントシュートとレイアップで連続得点、♯9長谷川智伸選手の3ポイントシュート、♯45ジャック・クーリー選手のインサイドの得点で徐々にキングスが抜け出すきっかけを掴み、♯4デモン・ブルックス選手がスラムダンクを叩き込みます。 

 第4クォーター開始直後は、北海道が連続得点で再び抜け出しましたが、キングスは慌てることなくタイムアウトをとって修正し、高い集中力で戦いました。♯45クーリー選手がゴール下の番人のごとくリバウンドとゴール下の得点で存在感をアピールすると、♯14岸本選手の値千金の3ポイントシュートが決めてリードを広げます。試合後半のキングスは、ターンオーバーを一切しない高い集中力とゲームプランの遂行力をみせて、最後まで気持ちの入った引き締まった形で試合を終え、次節への弾みをつけました。  


 次の試合は、12月21日(土)19:05、22日(日)14:05より宿敵京都ハンナリーズを沖縄市に迎えて戦います。皆様の熱い応援をどうぞよろしくお願いします。 



     1Q  2Q   3Q  4Q 
琉球   23   13   23   25   84 
北海道  20   18   18   13   69 

#3      並里選手10点7アシスト
#4      ブルックス選手16点6リバウンド
#14    岸本選手23点
#45    クーリー選手23点19リバウンド