MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > [結果]試合終盤の猛攻で京都に逆転勝利

[結果]試合終盤の猛攻で京都に逆転勝利

 キングスが京都ハンナリーズを99対78で下し、ホームゲームの連勝を7に伸ばしました。 試合開始早々、京都の得点源である#32ジュリアン・マブンガ選手と#50デイヴィッド・サイモン選手が次々と得点を挙げます。キングスは後手にまわりながらも、♯34小野寺祥太選手が自慢の脚力を使ったハードなディフェンス、♯45ジャック・クーリー選手が泥臭くオフェンスリバウンド争いに絡みます。キングスは、二桁の点差をつけられてもポジティブな気持ちで我慢強く戦い続けると、#9長谷川智伸選手の3ポイントシュートと#3並里成選手の積極的なシュートで流れを取り戻してハーフタイムに入りました。 
 後半は♯45クーリー選手が体を張ってゴール下を死守、リバウンドを獲ると攻撃に展開。♯21寒竹隼人選手の3ポイントシュートが決まりキングスが一気に勢いに乗ります。守備ではキングスはゾーンディフェンスを敷いて京都の攻撃を惑わせ、#3福田真生選手がリバウンド争いでハッスルします。4クォーターでは、キングスの激しいディフェンスが京都の得点源と抑え込みました。キングスは、最後まで攻守にエンジン全開、怒涛のオフェンスで一気に大量点差をつけて99対78の逆転勝利をあげました。 

 明日も同じく京都ハンナリーズと14:05より沖縄市体育館にて対戦します。引き続き、琉球ゴールデンキングスへ応援をよろしくお願いします。 

     1Q  2Q   3Q  4Q 
琉球   21   20   26   32   99 
京都   26   21   20   11   78 

#3      並里選手12点9アシスト
#4      ブルックス選手23点
#14    岸本選手16点6アシスト
#45   クーリー選手22点13リバウンド