MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021および2022の開催地について

B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021および2022の開催地について

 本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(所在地:東京都文京区、チェアマン:大河正明 以下「B.LEAGUE」)より、2020年2月に開催されたB.LEAGUE理事会にて、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021が沖縄市・沖縄アリーナ(仮称)での開催から開催地変更となり、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2022の開催地として沖縄市・沖縄アリーナ(仮称)に決議されましたことをお知らせいたします。

 令和元年度の台風が、沖縄アリーナ建設工事へ影響を与えただけでなく、九州や本州へ上陸し甚大な被害を及ぼしました。この為に沖縄県外からの建築資材調達にも支障をきたし、また今後の自然災害発生によっては工期が延長となる恐れがあることから、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021の予定実施日までの竣工を確約できない旨を沖縄市よりB.LEAGUEへ報告されたため2021年の開催地変更が決定いたしました。


 沖縄アリーナは、その規模、仕様については、B.LEAGUEの目指す「夢のアリーナ」の象徴となる存在であり、アリーナとクラブの一体経営のモデルケースでもあること、また沖縄市が継続してB.LEAGUE ALL-STAR GAME 2022の開催へ向け協力の意向を表明していることから、2022年の沖縄アリーナでの実施が決議されました。関係者の皆様へ感謝を申し上げると共に、新アリーナで開催することにより、B.LEAGUEの新時代を切り拓くB.LEAGUE ALL-STAR GAMEを目指すというB.LEAGUEの期待に応えられるように精進して参ります。引き続きご支援のほど、何卒お願い申し上げます。