MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 『団結の力』プロジェクトを終えてのコメント

『団結の力』プロジェクトを終えてのコメント


藤田弘輝
ヘッドコーチ

 今日は終始楽しくできました。こういう機会はないですし、初めての経験で選手たちも楽しそうに、かつハードにプレーしてくれ、良い試合内容になったと思います。

 今回のプロジェクトのテーマは「団結の力」という事で、世界、日本と大変な状況ですが、自分たちに出来るバスケットボールを通じて貢献できればと思います。今日は、「団結して今の困難を乗り越えていきましょう」というメッセージが送れて良かったと思います。


#0
石崎巧選手

 なるべくいつもと同じ気持ちで、自分のパフォーマンスをするための準備をして会場に入りました。会場設営の様子などを見て、本当にいろいろな想いがつまった取り組みだという風に感じました。後半、時間が経つにつれ全員が生き生きとプレーすることができ、あらためてバスケットボールの素晴らしさを感じ、会場に来てくださる皆さまと一緒に、この感情を共有したいという思いが強まりました。

 皆さまお体にご自愛いただいて、また元気で、いつもどおりの日々を送れると期待しながら、前向きに過ごしてほしいと思います。自分たちも引き続き何かの力になれればと思います。


#2
福田真生選手

 本当に厳しい状況の中、また、なかなかリーグが再開しない中で、今日は自分たちのバスケットボールを見て、皆さんが楽しんでいただけていれば嬉しいです。これから、いつリーグが再開するかわからない状況ですが、バスケットボール選手として、再開にむけてしっかりと全力で準備するので、これからも応援よろしくお願いします。


#3
並里成選手

 キングス
vsキングス自体は、全員が勝つ気で真剣に挑みました。この中断期間は、いつも以上にプレーしたい気持ちが強かったです。今日は、ファンが会場にいなくても繋がることができたプロジェクトだったと思いますし、自分たちもいろいろな思いを表現できたと思います。ただ、ファンの皆さんがいてこその自分たちなので、声援がないのは少し物足りなかったのが正直なところです。自分たちは、プロバスケットボール選手なので、今日のように、コートから元気を届け続けられればと思っています。


#4
デモン・ブルックス選手

 再びコートに立てた事は非常に嬉しい気持ちです。プレー自体は良くはありませんでしたが、エナジーを出して挑みました。キングスのファンは、いつもどんな形でも応援してくれて心強く感じています。皆さまお体に気をつけて、この困難を乗り越えていきましょう。


#7
ナナーダニエル弾選手

 沖縄や日本全国の方々、そして世界中の人に、勇気や希望を届けたいと思ってこのキングス
vsキングスに臨みました。今回の配信を通して、自分たちの頑張っている姿を見ていただき、多くの方が元気になってもらえたら嬉しいです。
 
ファンの皆さまと会場でお会いすることはできませんでしたが、団結の力Tシャツが座席に置かれているのを見て、自分もエネルギーをもらいました。ファンの皆さまと、公式戦再開後のホームゲームでお会いできるのを楽しみにしています。


#9
長谷川智伸選手

 本来ならこの体育館に来ることもなく、ユニホームに袖を通すこともなかった中、今回のキングス
vsキングスを皆さまにご覧いただくことができてとても嬉しいです。キングスファンの皆さまがこの場にいないことが、やはりさみしいですが、多くの方に見ていただき、内容自体も接戦になったので良かったと思います。また会場でお会いできる日を楽しみにしています。


#14
岸本隆一選手
 
今日は、お客さんが居なかったので少し寂しさを感じながら、それぞれがプレーしたのかなと見ていました。こういう状況でも応援してくれる人たちへ、自分がプレーで表現して返せないのがくやしいので、今日のこの機会をファンの皆さん以上に楽しみにしていました。欲を言えば、自分たちが表現できる場所をもっとあれば良いなと感じました。試合に向けて各自がちゃんと準備すること、世の中に振り回されないことが、今は大切なんじゃないかと思います。今日はファンの方とつながっている事を実感できましたし、若手の選手にとって、今日はいい経験になったんじゃないかと思います。


#15
税所寛選手

 今回の団結の力プロジェクトでは、全力でプレーする姿を皆さまにお見せすることが自分にできることだと思い、それを心がけて今日はプレーしました。ゲームを終えて、キングスはファンと共にあるチームだということを再確認しました。厳しい状況ではありますが、これからも皆さまと共にありたいと思っています。応援よろしくお願いします。


#21
寒竹隼人選手

 公式戦が中断するのは、東日本大震災の時以来ですが、このような素晴らしい機会をもらえたことはありがたく思いました。沖縄のファンだけではなく、全国のバスケットボールファンに元気をお届けできたと思います。これからも、プロバスケットボール選手である自分たちができる事で世の中に貢献できればと思っています。


#24
田代直希選手

 今日のプロジェクトをこの沖縄市体育館で行えたことは非常に良かったと思います。ただ、ファンの皆さまの声が無いことは、寂しさもありました。キングス
vsキングスを見ていただいた方へ、少しでも元気をお届けできたと思います。キングスだけでなく、Bリーグ全体一丸となって、日本も元気にできればと思います。


#32
満原優樹選手

 僕たちはバスケットボール選手なので、ファンの皆さまには自分たちがバスケをする姿を見てもらうことが、一番喜んでもらえることだと思っています。今日のキングス
vsキングスを行うために準備をしていただいたチームに感謝しています。

 キングス
vsキングスを終えて、やはりバスケは楽しい。僕らがプレーする喜びは、ファンの皆さまにも必ず伝わると思っているので、今日はプレーできて嬉しかったです。難しい状況ですが、自分たちはしっかり調整します。今日のプレーで、どんな状況でも、キングスは戦うということができるという事を証明できたと思うので、これからもひたむきに頑張るだけです。


#34
小野寺選手

 世界中が困難な中、不安もありますけども、今日こういう取り組みを行うことで、ファンの皆さんに勇気や元気を与えられたら良いなと思って臨みました。ファンの皆様に向けて、今日はチーム全員で「団結の力」を込めて、全力でプレーすることができました。


#41
ユージーン・フェルプス選手

 まず、今日の取り組みを心から楽しみましたし、本気で挑んだので、非常に良いプレーも多くできたと思います。プロとして
8-9年やっていて日本のファンが1番だと思いますし、そのファンの皆さまに喜びを届けることができた事は誇りに思います。厳しい状況なので力を合わせていきましょう。起こる事には全て理由がありますし、今は難しくても、未来は今よりも強くなれると思います。ポジティブに行こう!


#45
ジャック・クーリー選手
 
まず、今回の団結の力プロジェクトでプレーできた事はとても楽しめましたし、どのような形でもコートに戻れた事は嬉しかったです。クラブがチームとファンの事を考えてくれ、キングスのファンと選手はとても幸せだと思います。まだまだ厳しい状況の中ですが、皆さまでひとつになって出来る事をして、皆さまが幸せになれる事を願っています。


#88
牧隼利選手
 
今回のプロジェクトは、画期的なアイディアで純粋にすごいと思いましたし、まだキングスに来て間もないですが、このような機会に恵まれ、素晴らしい球団にいられる事を誇らしく思います。沖縄はまだ他県と比べると安全かもしれないとはいえ、こんなアイディアを出し、それを実行に移す事は、自分たちよりもファンの皆さまが楽しめたと思います。プレーは思いっきりしましたし、面白い取り組みになったと思います。個人的にはネイビーのユニフォームを着られたことが嬉しかったです。今日は久しぶりにこのホーム沖縄市体育館場でプレーし、改めてファンの方々がどれほど大きい存在なのかを痛感させられました。これからも団結の力で頑張っていきましょう。