MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > #34小野寺選手 腰手術のご報告

#34小野寺選手 腰手術のご報告

 #34 小野寺祥太選手はこれまで腰痛を抱えながらも常に前向きにプレーしておりましたが、医師ならびにチームスタッフと相談した結果、3月30日に手術を行うことになりました。概要、球団コメント、本人コメントと合わせてご報告させていただきます。

診断名:腰椎椎間板ヘルニア
全治:2~3ヶ月


▽球団コメント
 常にハードにプレーし、キングスの勝利に貢献しようとしてくれていた小野寺選手に改めて感謝の意を表します。離脱はチームにとっても辛いものですが、日々のトレーニングや体のケアを積み重ねてきた小野寺選手にとっては本人にしか分からない重く辛い決断だと察します。焦らずリハビリに専念し、再び元気にコートに戻ってくることを期待しています。

▽小野寺選手コメント
 完全復帰を目指してトレーニングを重ねていたのですが、なかなかパフォーマンスが上がらず、病院やトレーナー陣と相談した結果、手術を受けることを決断しました。勝ち星が増え、チームも終盤戦に向け良い雰囲気の中、コートに立ってプレーできないのは悔しい思いです。まずは手術を乗り越え、しっかりとリハビリを続けながら、プレーができなくてもチームへ貢献できることを行い、キングスの一員として一丸となって優勝を目指していきたいと思っています。
 今シーズン、プレーはできないですが、明るく元気に戻ってこられるように頑張っていきますので引き続き応援よろしくお願いします。