MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > EARLY CUP2018 総括(関西,東海,西日本)

EARLY CUP2018 総括(関西,東海,西日本)

 B1、B2の35クラブが6地区に分かれて参加したEARLY CUP2018の各大会ごとの結果とB1クラブの総括をお伝えします。各クラブのプレシーズンの戦況を把握し、10月の公式戦開幕にご期待ください。

<関西>


 B1からは、キングスの他に大阪と滋賀が参戦しました。キングスが決勝戦で対戦した大阪は、主力のエグゼビア・ギブソン選手が怪我で欠場するというハンデを背負っての戦いになりました。ギブソン選手は、準決勝でチームハイとなる20得点をあげて活躍しました。大阪は、ギブソン選手がコートに立てばサイズアップによるインサイド強化、更に得点力もアップする為、一筋縄ではいかない強敵です。一方、3位に終わった滋賀は、アーリーカップで収穫ある戦いぶりを見せました。高橋選手がエースとしての自覚が芽生えたこと、更に新戦力の選手達が所々で持ち味を発揮し始めました。チームの完成度がこれから高まることが必至の滋賀との対戦は、最大限の警戒が必要です。

<東海>

 
 キングスと同じ西地区の名古屋は、日本代表合宿参加中の日本人エースの張本選手と、笹山選手の不在を全く感じさせない強さで見事優勝を果たしました。日本でのプレー経験が長いジャスティン・バーレル選手と新加入のマーキース・カミングス選手など得点力に長けた選手が多く、キングスと西地区の優勝を争う強敵です。
 準優勝の三河は、優勝を逃したもののリーグNo.1のシューター金丸選手、年齢の衰えを感じさせない桜木選手が脅威となることは間違いありません。
 三遠は、日本人ビックマンの太田選手が日本代表活動で不在、司令塔の鈴木選手も怪我で出場を見送るなど、飛車角落ちでの対戦を強いられ不運な3位となりました。三遠の躍進は、長谷川選手や菅野選手といった新加入選手の力がシーズンを戦う上で重要な役割を担います。

<西日本>

 
 今シーズンより同じ西地区で対戦する福岡がB2から昇格してきました。B1昇格の勢いに乗り期待大で挑んだアーリーカップは、残念ながら実力を出し切れず3位という結果となりました。昨シーズンまでキングスでプレーをしていた津山選手は、3位決定戦で26分出場、5得点4アシストでチームの勝利に貢献しました。高校卒業と同時にキングスにプロ入りした津山選手は、キングスファンにとって思い入れのある選手です。新天地で活躍する津山選手と沖縄での対戦が待ち遠しいです。