MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】流れをかえるきっかけを見出せず、富山に連敗

【試合レポート】流れをかえるきっかけを見出せず、富山に連敗

 

 開始直後、テリーの3Pシュートが立て続けに入り、幸先よいスタートをきったかに思えた。しかし、攻守で連携ミスが続きあっさりと富山に逆転を許してしまう。勢いに乗る富山は、特定の選手だけではなく交代でコートに入ったメンバーも得点に絡み、1Qだけで33点を奪う。その後はキングスが得点すれば、富山も入れ返す展開が続き、一向にリードを縮めることができない。富山に大きくリードを許した状況で迎えた4Q、ハミルトン、岸本の3Pシュートが決まりだし、反撃のきっかけをつくる。しかし、追い上げの場面でミスが続き、得点の機会を逃してしまう。1Qに大きく離された点数が最後まで影響し、70対92の大差で富山に完敗。アウェイ富山戦は2連敗となった。

 

 昨日の勢いそのままに、アグレッシブにプレーする富山に対し、キングスは止めることができず40分間苦戦を強いられました。セカンドチャンスとなるリバウンド数でも富山に10本以上の差をつけられるなど、防戦一方の試合が展開されました。富山との連戦は、ボールを追いかける気迫、1つ1つのプレーに対する必死さが富山を超えることができず、自分たちで勝利を逃してしまいました。次戦は、ホームで新潟アルビレックスBBと対戦。この悪い状況を打破、何よりホームで敗戦することを何としてでも避けなければなりません。目の前の1試合、目の前のワンプレーに集中して戦い続けるだけです。


 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 15 17 15 23 70
富山グラウジーズ 33 17 18 24 92

 

#34 ハミルトン 18PTS 5RBD 
#7   テリー 17PTS 
#14 岸本 11PTS 


DSC_2347.JPG

___.JPG

__.JPG

__.JPG

_____.JPG

DSC_2316.JPG

__.JPG