MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】田代、渡辺のルーキーコンビがチームを勝利に導く

【試合レポート】田代、渡辺のルーキーコンビがチームを勝利に導く

 

 昨日の試合、惜しくも敗戦となったものの、これまで課題とされていたリバウンドとターンオーバーの数が改善され、復調の兆しがみえた一戦だった。掴みかけたきっかけを生かすためにも、本日の試合は結果と内容ともに大事な一戦となった。

  試合は昨夜以上に白熱したゲームが展開される。新潟に高確率で3Pシュートを決められても、決して焦ることなくキングスのバスケットを貫いた。2Qの途中からは、ディフェンスのギアを上げ、前からプレッシャーを与え続けた。3本のスティールと、5秒バイオレーションを奪い、ディフェンスで流れを呼び込むことに成功。自分たちでつくったチャンスを、ルーキーコンビがさらに広げた。田代は、リングへ果敢にドライブを仕掛け、3Pシュート2本を含む23得点を第2Q、3Qだけでマーク。常にリングへ向かう姿勢をみせ、2本のバスケットカウントプレーも成功させた。渡辺はバスケットにおいて重要な「リバウンド」で自分の持ち味を存分に発揮。高さで勝る新潟の選手にも臆することなく、チーム最多となる11本のリバウンドを奪う。また、味方選手の合わせプレーや、同点に追いつくミドルジャンパーを成功させるなど、得点面でもチームに大きく貢献した。試合は残り3分に新潟に1点差まで詰め寄られたものの、大事な場面でテリーが2連続で得点を挙げることに成功し、勝利を手繰り寄せた。

 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 15 24 22 16 77
新潟アルビレックスBB 21 24 14 15 74


#24 田代 23PTS 2AST 2STL
#34 ハミルトン 12PTS 6RBD 2AST
#31 喜多川 11PTS 5RBD
# 7  テリー 11PTS
#16 渡辺 11RBD 2STL

___2.jpeg

__2.jpeg

____.jpeg

______.jpeg

____.jpeg