MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】強豪・三河に最後までチャンレジし続けるも惜敗

【試合レポート】強豪・三河に最後までチャンレジし続けるも惜敗

0Q___.JPG

 本日より2戦先勝のCS(チャンピオンシップ)クォーターファイナルがスタート 。CS出場を最初に決めたシーホース三河に対し、シーズン最終戦でCS出場を決めたキングスはチャレンジし続ける強い気持ちで臨んだ。

 1Qから得点を入れ合うハイスコアなゲームが展開。ボールマンへのプレッシャーを強める三河に対し、岸本が果敢にドライブを仕掛け、テリーが1対1から相手のファウルを誘発し得点の機会を得る。2Qに入ると、オンザコート数で優位に立つ三河がペイントエリア内からのシュートを成功させ、試合の主導権を握る。それでも前半終了間際には、テリーと金城が3Pシュートを成功させ、4点を追いかけ後半へ突入。

 2Qに引き続きオンザコート数で不利に立つキングスだったが、波多野が身体を張ったディエンス、セカンドチャンスに繋がるリバウンド争いに絡み、反撃の機会を待った。三河の得点を最小限に_抑える中、再びテリーの1対1、金城の得点でチャンスを広げ逆転に成功する。キングス3点リードで最終Qを迎えた。勢い乗りたいキングスだったが、タフなゲームを幾度となくこなしてきた三河が4Q開始から7-0とスコアを重ね再び逆転を許す。タイムアウトで立て直しを図るキングスは、ディフェンスからの早い切り替えで2本続けて得点、さらにマクヘンリーが3Pシュートを決め、怒涛の追い上げをみせ4点差まで詰め寄る。しかし、逆転するには時間が足りず4点差のまま三河に惜敗となった。


 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 23 15 25  9 72
シーホース三河 20 22 18 16 76


# 7 テリー 27PTS 12RBD 3AST
#14 岸本 11PTS  3AST
#16 渡辺 8RBD

 

0Q_____.JPG

0Q____.JPG

0Q___.JPG

0Q______.JPG