MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】最後まで力を出し切る全力プレーで戦い続けた

【試合レポート】最後まで力を出し切る全力プレーで戦い続けた

 

___.JPG

 昨日の試合で、三河と互角に戦える展開をみせたものの、あと一歩及ばず敗戦を喫した。今日の試合、勝てば次へ繋がり負ければシーズン終了となる大事な一戦を迎えた。

 先手を取ったのは昨日に続きキングス。シュートファウルから4本のフリースローで得点をあげると、岸本が3Pシュートを決め、ベテランの金城が好スティールでチャンスを演出し、チームに勢いを与えた。2Qに入ると、オンザコート数で優位に立つ三河の猛攻にあい、逆転を許してしまう。それでも昨日に続き大事な一戦でスタメン出場を果たした渡辺がリバウンド争いに絡み、また自らも積極的にシュートを狙うなど苦しい状況のチームを救う。

 後半がスタートすると、三河のペースでゲームが展開される。後半スタート前は4点だった三河のリードを最大14点差まで離されてしまう。このままホームの雰囲気に飲み込まれ試合を決定づけてしまうかに思えたが、キングスは焦らず1本ずつ得点を入れ返す。3Q残り3分間、三河の得点をわずか3点に抑え、田代と岸本が3Pシュートを成功させ、54対60と6点差まで追い上げ最終Qを迎えた。

 勝負の最終Q、キングスと三河の激しいシーソーゲームが展開される。三河の#14金丸が正確なシュートを決め続けると、キングスは岸本とマクヘンリーを中心にリングへアタックを仕掛ける。残り2分には、2点差まで追い上げる粘りをみせたものの、キングスの追い上げに動じずプレーを続ける三河に75対81で敗戦となった。この結果、三河はCSセミファイナルへ進出し、キングスのBリーグ1stシーズンは終了となった。
 

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 23 11 20 21 75
シーホース三河 16 22 22 21 81


#14 岸本 15PTS 4RBD 8AST
#16 渡辺 14PTS 8RBD 
# 5  マクヘンリー 11PTS 5RBD 2STL
#34 ハミルトン 11PTS 7RBD

__.JPG

______.JPG

__.JPG