MENU
  • LINE

RYUKYU GOLDEN KINGS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合レポート】優勝候補千葉と互角の戦いを見せたものの惜敗

【試合レポート】優勝候補千葉と互角の戦いを見せたものの惜敗

__.jpg
 優勝候補の千葉との戦いはシーズン最終戦にして、最も厳しい戦いが予想された。勢いに乗ってオフェンスを展開する千葉、堅い守りで失点を抑える守りのキングス、互いのストロングポイントが見えた熱戦が繰り広げられた。

 アイラの3Pシュートでキングスが先制点を挙げ、石崎も2本の3Pシュートを決めキングスが流れを掴む。2Qに入り、千葉が 連続得点を挙げゲームの流れを振り出しに戻す。キングスは立て直しを図るためタイムアウトを要求。そこからハッサンのインサイド、石崎、古川の連続3Pシュートでキングスが再びリードする。キングス1点リードで前半を終える。

 後半に入るワンポゼッションごとにリードするチームが変わる一進一退の攻防が続く。3Q終了間際にはハッサンが豪快なダンクを決め54対52、キングス2点リードで最終Qを迎えた。しかし、ホームで地区優勝を果たしたい千葉が猛攻をみせる。最大で10点のリードを保つなど勢いでキングスを圧倒する。このまま点差が離されてもおかしくない状況だったものの、これ以上の失点を防ぎ、田代と岸本が土壇場で3Pシュートを決め4点差まで追い上げる。最後の最後まで粘りを見せ続けたものの、千葉に逃げ切られ76対80で惜しくも敗戦。

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
琉球ゴールデンキングス 20 15 19 22 76
千葉ジェッツふなばし 14 20 18 28 80


#12 ハッサン 16PTS 8RBD 3STL
# 0  石崎 13PTS 3AST
#24 田代 13PTS 3RBD
#51 古川 12PTS 
#33 アイラ 10PTS 7RBD5AST
#14 岸本 8PTS 5AST

____.jpg
__.jpg
__.jpg