MENU

琉球ゴールデンキングス

RYUKYU GOLDEN
KINGS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > FUJITA’S CHOICE. Vol.6 藤田ヘッドコーチが選ぶ、ファンに伝えたいここっ!

FUJITA’S CHOICE. Vol.6 藤田ヘッドコーチが選ぶ、ファンに伝えたいここっ!

 藤田ヘッドコーチが各選手の昨シーズンのベストプレーを選び、現場のプロの目線で解説する”FUJITA’S CHOICE”。ファンの皆さまへ注目してもらいたいプロ選手の細かいスキルや、バスケットボール選手を目指す子たち達に見習ってほしい技や意識をご紹介します。
 第6回は、#30今村選手です。得点能力は折り紙つきでシューターのイメージが強い選手ですが、ペイントエリアへアタックできる能力と、冷静な判断からフィニッシュしきる抜群のスキルに注目です。

■12月15日(日) 新潟アルビレックスBB vs 三遠ネオフェニックス 2クォーター残り4分59秒


▽藤田ヘッドコーチ解説
 まず、ピック&ロールを使いドライブを仕掛けます。今村選手をディフェンスしていた選手がスクリーンに掛かったため、ビッグマンが今村選手を守ろうとします。
ここで今村選手はビッグマンの動きを冷静に確認。ビッグマンが今村選手に正対せず、スクリナーの選手へ意識を向けたまま半身になって構えたことで、リングへ一直線のドライブレーンを見出します。一気に加速しペイントエリアに突入すると、さらに左側から相手ビッグマンがヘルプディフェンスに入り、正面に立ちはだかります。それに反応するように進路を右斜めへ変更。自分の体をうまく使い、左からのビッグマンが右手のレイアップシュートをブロックできないような体勢でフィニッシュへ。
   ドライブを急加速させたことで最初のビッグマンを抜き去り、ドライブの進路変更によりブロックされないシチュエーションを創り出しました。今村選手の凄いところは、あのスピード感あるプレーの中で、相手選手の動きを冷静に判断しベストなプレーを選択。さらに、長身選手らしからぬ、急加速・ボディーコントロールにより、この難しいプレーを悠々とフィニッシュしてしまう点にあります。
 大柄なビッグマン2人と冷静に駆け引きをし、得点を重ねる今村選手のプレーは、20-21シーズンもキングスの会場を沸かせてくれると確信しています。

*ピック&ロール:
 ボールを持った味方にピックを仕掛けたオフェンスのプレーヤーが、その後、リングに向かってターン(ロール)をし、パスを受ける動きのこと。

 

RELATED

関連ニュース